准看護師から正看護師になる

HOME > 准看護師から正看護師になる

正看護師に准看護師からなる方法

准看護師と正看護師は、仕事内容としては実質的にほぼ変わらないのに、求人の多さや給料面などの待遇で大きな差があります。

もちろん、正看護師のほうがずっと恵まれています。私が正看護師を選んだのも、やっぱりいろんな面で正看護師のほうが将来的に見ても有利だと思ったからです。

ですから、准看護師の資格を持っている人が、その後正看護師の資格を目指すケースも少なくありません。

しかし、准看護師の資格を持っているだけでは、正看護師国家試験の受験資格は得られないんですよね。

では、准看護師が正看護師になるためには、どういう条件をクリアすればいいのでしょう?

まず、これまでもっともメジャーだったコースとしては、「准看護師として3年以上働いた経験のある人が、看護専修学校で2年間看護について学ぶ」というものですね。

これに加えて、2004年以降は「准看護師として10年以上働いた経験のある人が、通信制の教育を2年以上(最長4〜5年)学ぶ」という形でも、正看護師国家試験の受験資格を得られるようになりました。

どちらにせよ、准看護師から正看護師になるまでには、かなりの年数がかかるということですね。

准看護師の資格は正看護師に比べて早く取得することができますが、その後に正看護師になろうと思うと、ずいぶん遠回りをしてしまう、という結果になります。

だから看護の仕事につこうと思っている人は、よほどの事情がないかぎり、最初から正看護師を目指したほうがいいんじゃないかな、と思いますよ。

正看護師の転職が成功するサイトランキング!