正看護師に通信教育でなる

HOME > 正看護師に通信教育でなる

通信教育で正看護師になれる?

看護の学校についていろいろ調べていると、そのうち「通信制」という言葉を目にすることになると思います。

で、この通信性という言葉をパッと見ると「なんだ、通信制でも正看護師の資格がとれるんだ!じゃあこれにしよう〜」と思ってしまいがちですが、この解釈は大きな間違いなんですよ。

どういうことかというと、通信教育で正看護師の国家試験受験資格を得られるのは「すでに准看護師の資格を持っていて、しかも10年以上のキャリアがある人」のみなんです。

つまり、准看護師の資格を持っていない人が通信教育「だけ」で正看護師の資格をとろうとしても、それは無理ってことなんですね。

で、准看護師になるのも通信教育ではダメ。ちゃんと准看護師学校などで学ぶ必要があります。

「忙しい人もいるんだから、ちゃんと勉強している人に対しては通信教育で資格をとらせてくれたっていいじゃない」と思う人もいると思いますが、ちょっとそれは無理な要望だと思います。

だって、自分が患者さんの立場になった時のことを考えてみて下さい。「看護学だけはカンペキにマスターしているけど、技術面の経験はゼロ、注射ひとつ実際には扱ったことがない正看護師」なんてのがいたら、あなたは安心してその人からの看護を受けられますか?

「看護関連の資格を取得するためには、どこかで必ず実習をまじえた教育を受けなければいけない」というのは鉄則で、これは患者さんの安全を守るためでもあると思うんですね。

正看護師の転職が成功するサイトランキング!