正看護師になるための専門学校

HOME > 正看護師になるための専門学校

正看護師の資格が取れる専門学校とは?

正看護師になるためのルートのひとつとして、看護専門学校があります。

私が選んだルートも、まさにこれ。看護専門学校を卒業すると、正看護師の国家資格受験資格が得られます。

正看護師になるルートとして看護専門学校を選ぶ最大のメリットは、私としては「即戦力になりやすいこと」だと思ってます。

看護技術などの実習が充実していますからね。私自身、正看護師は「現場でどれだけ働けるか」が大切だという考えだったので、このメリットは本当に大きいなと思ってるんですよ。

でも、やっぱりデメリットもあります。

それは「大学編入など、さらなる進学」という点では、あまり道が開かれてないこと。

「卒業後、正看護師になる!」という強い意志がある人なら問題ないですが、もっと勉強したいと思っている人には、この点が不向きかもしれませんね。

看護大学や看護短期大学の場合は一般入試だけではなく推薦入試にも力を入れていますが(特に看護短期大学は推薦が多いです)、看護専門学校の場合は一般入試のほうが中心になっているって感じですね。

看護専門学校の願書受付期間は12〜1月ぐらいで、試験は1〜2月ごろにおこなわれます。

競争倍率はもちろん学校によって違いますが、だいたい平均すると3〜4倍くらいかな?結構な高倍率だと思います。人気のある学校だと本当に倍率も厳しいですよ〜。

受験科目は、国語・英語・数学の3科目がもっともメジャーですが、他にも小論文や生物・科学などの受験科目があるケースもあります。

正看護師の転職が成功するサイトランキング!