正看護師の資格取得方法

HOME > 正看護師の資格取得方法

正看護師の資格のとり方は?

正看護師の資格取得のためには、正看護師の国家試験に合格することが条件。

その国家試験を受験するにも、「指定の大学や養成所などで一定期間以上、看護について学ばなければいけない」など、一定の条件が決められています。

だから自分で看護学などの本を買って、自宅で猛勉強したとしても、それだけでは資格取得はできないんですよね。

もちろんそうした自主的な勉強は、指定大学や指定養成所での修学や、受験勉強そのものには役立てられますけど。

それではここで、資格取得のための受験の手続きについて、さらっとご説明しましょう。

受験生が用意しないといけないものは、受験の願書・写真・返信用封筒・そして指定大学や指定養成所などで「看護の勉強を所定の期間きちんとやった」ということを証明するための書類(修業証明書や卒業証明書など)、そして受験手数料となります。

あ、准看護師から正看護師になろうとする人の場合は、准看護師免許証の写しも必要ですよ。

あと、受験手続時に修業証明書・卒業証明書などではなく見込証明書や判定証明書などを提出した人は、所定の期日までに修業・卒業証明書を提出しないと、受験そのものが無効にされてしまいますのでくれぐれも忘れないように注意しましょう。

ちなみに平成23年の修業証明書・卒業証明書の提出締め切りは3月18日の午後5時でした。

平成23年の受験日が2月20日で、合格発表日が3月25日でしたから、修業証明書や卒業証明書の提出期限は「受験日と合格発表日の間」ということになりますね。

正看護師の転職が成功するサイトランキング!