正看護師になる

HOME > 正看護師になる

正看護師になる方法は?

正看護師になるためのルートを、学歴別でご紹介しましょう。

まず、中卒の人の場合は、以下のいずれかのルートとなります。

准看護師学校で2年間学んで准看護師になって3年以上働いてから、看護専修学校で2年学ぶ。
准看護師学校で2年間学んで准看護師になって10年以上働いてから、通信性教育を2年受ける。
高等学校衛生看護科で3年間学んで卒業後に准看護師資格を取り、その後「専攻科」で2年学ぶ。
5年一貫制の看護学校で学ぶ。

次に高卒の人の場合は、以下のいずれかのルートとなります。

看護専門学校で3年学ぶ。
看護大学で4年学ぶ。
看護短期大学で3年学ぶ。

社会人の人の場合も、最終学歴にあわせて、上記のいずれかのルートを選択するという形になりますね。

ちなみに、もっとも多い高卒の人向けルートの、それぞれの進学路についての特徴を簡単に説明しておくと…看護専門学校は、実習が多い傾向があります。

なので、実際の看護の場でも、即戦力になりやすいかも。看護大学は、それまでに取得済みの単位については免除されることもあるので、場合によっては勉強が楽になるかも。

そして看護短期大学は看護大学よりも短い期間で正看護師国家試験受験資格が得られるのがメリットだと思います。

もちろん、私もすべてのルートを経験して正看護師になったわけではありませんので、上記の特徴はあくまで私個人のイメージです。

ですからこれは参考程度に考えておいて、実際にどのルートを進むかを決める際は、きちんと調べて自分なりに特徴などを比較してみて下さいね。

正看護師の転職が成功するサイトランキング!