正看護師と准看護師の違い

HOME > 正看護師と准看護師の違い

正看護師と准看護師の違いは何?

資格などの面から看護師は何かというと正看護師を指すんですが、患者さんの視点から見ると、看護師は正看護師だけではないんですよね。

「准看護師」も、患者さんから見れば同じ看護師という感じです。

でも、患者さんから見れば同じ看護師に思えても、正看護師と准看護師にはれっきとした違いがあるんですよ。

そもそも准看護師というのは、その名前のとおり「看護師に準じる」という意味があります。

英語でいえば「アシスタンス・ナース」。つまり立場的には、准看護師は正看護師を補佐する立場、というわけなんです。

もちろん、正看護師と准看護師の違いは、その立場の差だけではありません。

准看護師は、資格取得のために必要な期間が正看護師よりも短いので「取りやすい資格」ではありますが、その分給料が低く抑えられています。

実際、病院などの求人でも、正看護師と准看護師の給料はハッキリと分けられていますよ。

あと、免許交付をするところが違う、というのもありますね。

私たち正看護師は、免許を厚生労働大臣、つまり国からもらうんですが、准看護師の免許は都道府県知事からもらうんです。

なんで看護資格として正看護師と准看護師の2つがあるのかというと、准看護師の資格ができたのは戦後間もない頃だそうです。

その頃は看護師不足だったので、早く看護の仕事ができる人材を育てようってことで、資格取得までの期間が短い准看護師制度ができたとのこと。

でも、今はもう戦後からかなりの年数が経っているので、もうこれから准看護師を育成する必要はないとのことで、准看護師の制度を廃止する方向の議論がされてきています。

正看護師の転職が成功するサイトランキング!